So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2008年10月 |2008年11月 ブログトップ

プエラリア・ミリフィカの効果 [プエラリア・ミリフィカ]

プエラリア・ミリフィカと言えば、みなさんすぐにバストアップを思い浮かべると思います。

実際、プエラリア・ミリフィカによるバストアップはとても効果的で、プエラリア・ミリフィカ配合のサプリメントは若い女性に人気です。


でも、プエラリアの効果って実はバストアップだけではないんです!

どちらかと言えばバストアップは、プエラリアの効果のほんの一部にしかすぎませ
ん。


プエラリア・ミリフィカの効能はプエラリアが含んでいる植物性エストロゲンの作用に関連しているので、更年期障害など女性のさまざまな症状に効果があります。



日本の女性は平均的に50歳前後で閉経を迎えます。

閉経を迎える体の変化に伴い女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少します。

これにより早い女性では35~40歳ぐらいから更年期障害が現れ始めます。


生理的な部分だけでなく、体の至る箇所や心の精神的な部分まで、女性は全て女性ホルモン(エストロゲン)によってコントロールされています。

不調のほとんどは女性ホルモン(エストロゲン)の働きを理解することで解消されます。


nice!(0) 

女性ホルモン(エストロゲン)によるバストアップ [エストロゲン]

成長期に女性ホルモン(エストロゲン)がバストの発育に十分に作用せず、バストの発育も無かった場合、個人差はありますが成人期以降の植物性エストロゲンの摂取によりバストアップが期待できます。

エストロゲンは、体内で作られる物質なので、一般的には、サプリメントなど、食品で補うことはできません。

しかし、自然界には大豆イソフラボンなど、エストロゲンとよく似た働きをするものがあり、バストアップ用のサプリメントとして販売されています。

最近話題のプエラリア・ミリフィカという植物には、大豆イソフラボンよりも、さらに強力に作用する成分が含まれていることがわかっています。


このプエラリア・ミリフィカには、女性ホルモンと非常に似かよった分子構造を持つ「植物性エストロゲン」という成分が豊富に含まれていて、女性ホルモン(エストロゲン)の低下による更年期障害やバストアップにも効果があると言われています。


生理中・妊娠・授乳中の方はお控えください。

※体の発育が終わる前に植物性エストロゲンを摂取すると、成長後の体のホルモンバランスに影響を与える場合があるので、未成年者の摂取はお控えください。



余談ですが、男性がプエラリアを摂取すると体つきが女性っぽく変化します。

また、スタイル維持のため多くのニューハーフの方がプエラリア・ミリフィカを愛用しているのだとか。

nice!(0) 

更年期障害の治療法 [更年期障害]

更年期障害の治療には、薬物療法や心理療法などがあります。


【薬物療法】

更年期障害の治療で薬物療法を行う場合には、体全体の調子を整えるための薬が主に用いられます。

特定の症状が強く出ているときは、それを改善するための薬も併用されます。

たとえば、精神神経症状(不安感、いらいら、憂鬱、うつ状態、不眠など)が強く出ているときは、抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬などを投与します。


【体全体の調子を整える薬】

薬の種類
ホルモン薬  
(ホルモン補充療法)(HRT)


目 的
急激に減少する女性ホルモンを補充することによってホルモンバランスを整ええます。

用いる場合
のぼせ、ほてり発汗などの血管運動神経系症状が中心となっているような場合に用います。

特 徴
・骨粗しょう症の治療にも予防にも有効です。
・個人差はありますが、不正出血、乳房痛、頭痛、悪心、嘔吐などの副作用があります。
・長期間の使用によって乳がんになる可能性が若干高くなるといわれています。



暮らしの中の予防法

◎ 更年期はだれにでも訪れる生理的なものです。あまり思いつめず、リラックスを心がけましょう。
栄養のバランスのとれた食事をとりましょう。
◎ 十分な睡眠をとりましょう。
◎ 適度な運動を心がけ、体力をつけましょう。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

更年期障害とは [更年期障害]

更年期障害は、40歳過ぎころから、50代半ばころに見られる、閉経前後の女性ホルモン減少に伴う身体的、精神的な諸症状です。

閉経を境にして、生殖機能を担う卵巣で作られるエストロゲンの分泌量が大きく変化することで、体と心にさまざまな影響を及ぼします。

症状の出方には個人差がありますが、のぼせ、発汗、冷え、イライラ、憂鬱、不安感、不眠、めまい、動悸、頭痛などの「不定愁訴」が現れます。

気力がなくなったり、物忘れがひどくなる人も。

体の変調に加えて、家庭環境の変化(子供の巣立ち、親の介護など)や個人の性格といった背景も影響して、つらい症状を引き起こします。

また、男性も50歳を過ぎた頃から女性と同じような症状が現れることがあります。

女性に比べて緩やかですが、男性ホルモンの減少が影響しています。

主にのぼせ、動悸、性欲の減退、腰痛、不眠、不安感、焦燥感といった症状が現れます。

これからの生活をより豊かにするためには、自分に合った方法で前向きに過ごすことが大切です。


タグ:更年期障害
nice!(0) 

女性ホルモン(エストロゲン)が少なくなると [エストロゲン]

■お肌にしわやたるみが増える

お肌のハリを担う成分「コラーゲン」を作る細胞の活性化にエストロゲンは深く関わっています。

閉経を迎える年齢になると急に肌がしおれて、深いシワやたるみが増えるのは閉経によるエストロゲンの減少が原因の一つです。


■のぼせ、火照りなど体温調整が出来なくなる

エストロゲンは視床下部にある体温調節中枢に影響を与え、体温を下げる働きをします。

もう1つの女性ホルモンであるプロゲステロンは体温を上げる働きをしますので、女性には高温期と低温期が交互に訪れるわけですが、エストロゲンが不足すると体温が下がらないので、更年期には特有ののぼせ、ほてり、多汗のような体温上昇に伴う症状が感じられるのです。


■髪が薄毛になる

エストロゲンは幹細胞が分裂して毛を成長させるよう指令を与え、コラーゲンを作って潤いのある抜けにくい髪の毛にしてくれるます。

更年期の頭髪の抜け毛やパサパサ感は、エストロゲンの不足が原因です。

また薄毛の男性に女性ホルモンを与えると薄毛が改善されますが、男性の場合の女性ホルモンはED(勃起障害)の原因にもなります。


■転ぶとすぐ骨折してしまう(骨粗頏)

エストロゲンの減少により、骨からのカルシウムの流出を防げなくなります。そのため骨密度が低下し、もろく折れやすい骨になります。


■膣内の環境が悪化する

女性ホルモンが少ないと、膣の柔軟性が失われ、膣壁が薄くなります。また、膣内の分泌量が減り、SEXの時でも濡れにくくなります。

女性ホルモンは、潤いに乏しかった膣をみずみずしくするだけではなく、細菌から守る役目もします。


コレステロール調整機能が低下する

エストロゲンには血液中のコレステロール値を下げる働きがあります。
そのため閉経を迎える年齢になると、急激に女性のコレステロール値が上がり、動脈硬化などの原因の一つになります。


■高血が高くなる

更年期の高血圧には、エストロゲンの減少が関係していると言われています。

エストロゲンの分泌を調整するのは視床下部ですが、更年期になり、エストロゲンが減少し始めると、視床下部は、エストロゲンの分泌を促すことに集中するようになります。

同じ視床下部で調整されている自律神経は、その影響を受けてしまい、不安定になると考えられています。

このため、自律神経によって調整される血圧も不安定になり、

高血圧の症状が出る場合があると言われているのです。



その他にも記憶力の低下や不眠、プロポーションの崩れ等が挙げられます。


プエラリアの継続的な摂取によりこれらの女性特有の更年期障害の改善が期待できます。

nice!(0) 

-|2008年10月 |2008年11月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。